日本一ヶ所中風除薬師

慈愛・法話

  • HOME »
  • 慈愛・法話

【阿閦(あしゅく)如来さま10-6】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 歴史書にはこんなお話が残っています。今から一千三百年前の出来事です。お大師様がまだお生まれになって居られない頃のお話です。有名な奈良の大仏様は『聖武天皇』様が作られた仏様です。その頃 …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-5】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 阿閦(あしゅく)如来様はいつも私たちのそばに居られるのです。そして何時も見守って下さっているのです。私たちが悩んだり迷ったりするとそっと語りかけて下さいます。でもその声に私たちは気づ …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-4】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 色々な出逢いや出来事が次々に頭の中に思い浮かんで来ました。一泊二日の短い四国への旅でしたが又四国に来たいなぁ。と子供と話をしました。今回は阿閦(あしゅく)如来さまのお話をさせて頂きま …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-3】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 子供たちと一緒に歩いていると「おいずる」といってお遍路さんが着ておられる白い行衣があるのですが初めて出会った私たちに子供用の「おいずる(行衣)」を「これを着てお参りして」と手渡して下 …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-2】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 皆様にはお変わり御座いませんか。暑い暑い夏もやっと終わりやれやれですね。私は今年の秋十一月中頃に久しぶりに四国高知へ行きました。三人の子供の真ん中次男と一緒に行きました。明石大橋を渡 …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-1】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 皆様お元気でお過ごしですか。皆様には何時の何時もお世話になり有り難く感謝致して居ります。今年は暑い日が続きましたね。何時もの事ですが奥之院水子寺・第一分身堂・第二分身堂・千人堂・観音 …

【五月の法話(一水四見)2】

大地にしみ込んだ水は米を作る手助けをしてくれます。野菜や果物もそうです。でも地獄に落ちてしまった餓鬼たちはその水を口に運ぶとその水が炎となってしまうのです。天人や仏さまにとっては宝と見える様です。また魚にとっては心地よい …

【四月の法話(一水四見)1】

「一水四見(いっすいしけん)」と読みます。仏さまの考え方にはこんな言葉があるのです。一つの水を見てもその見え方は人それぞれであると云う事です。「同じ水を見ても地獄に落ちた餓鬼には火炎と見える・天人には宝と見える・人は喉を …

【恩徳・断徳・智徳(12-12)】

【平成二十六年七月発行の慈愛より】 私にとって四国で出合ったお婆さんはまるで仏さまの様な人でした。【恩徳・断徳・智徳】こんな考え方も大切な事なんだよ。と教えてもらった様に思いました。人は知らず知らずにそんな素敵な人と沢山 …

【恩徳・断徳・智徳(12-11)】

【平成二十六年七月発行の慈愛より】 『智徳』とは「平等の智慧を以って一切諸法を照らす」と云う事です。つまり「感謝の心、自分自身の行いを大切にして下さい」と云う事です。私も僧侶の一人ですがお参りをさせて頂く事で色々な事を学 …

1 2 3 21 »
PAGETOP
Copyright © 中風寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.