日本一ヶ所中風除薬師

慈愛・法話

  • HOME »
  • 慈愛・法話

【晴れ着(3-2)】

【昭和五十八年七月発行の慈愛より】 分身堂には皆様から送って頂いたお菓子やオモチャもお供え致して居ります。中には五月人形の脇に供える張り子のトラも御座います。幼い子供たちは「こわい、こわい」とその小さな手で顔をおおいます …

【晴れ着(3-1)】

【昭和五十八年七月発行の慈愛より】 月日の経つのは早いものです。お正月から春の彼岸そしてお節句、七夕さまとアッと云う間に過ぎて行きます。そしてもうそこまでお盆も近づいてまいりました。水子寺でも鯉のぼりの飾り付けを致しまし …

【お母ちゃん(6-6)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 「送足禅(そうそくぜん)」禅の修行の一つであります。若くとも年を重ねても一歩ずつ一歩ずつ大切に大切に進んで行こうと云う事で有ります。その中に出会いがあり、ふれあいがあり、助け合う心がある …

五月の法話【神父さんの言葉】

私事ではありますが、五月に三男が結婚しました。教会での結婚式でした。私にとっては初めての事でしたがその時の神父さんの言葉が心に残っています。それは『信じる心』・『思いやりの心』・『感謝の心』この三つの大切な事柄を忘れない …

【お母ちゃん(6-5)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 足は遅くなりましたが歩ける事は私の最大の喜びであります。息子に手伝ってもらいながら自分で出来る事は自分でと心がけているのであるます。お陰さまで声は至って丈夫であります。お参りさまが来られ …

【お母ちゃん(6-4)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 今年は四月には雪も消えました。少し寒くはありますが境内の景色を眺めながらゆっくりとゆっくりと歩くのであります。五月には少し日差しが暖かくなったのか境内の木々も色づき始めた様に思うのであり …

四月の法話【平成もあとわずか】

平成と云う字を分けてみます。『平』と云う字は正しいと云う意味合いもあるようです。『成』と云う字には物事が実ると云う意味合いがあるようです。あと少しで令和となりますが私たちも正しい目標を持ってその事柄が実りをむかえる様、新 …

【お母ちゃん(6-3)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 そこまでが私の朝の一番最初の仕事であります。その後息子弘尚と一緒に仏さまにお茶を供えに参ります。そしてお母ちゃんにもお茶を供えるのであります。それから何時もの様にお堂の縁側を開けるのであ …

【お母ちゃん(6-2)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 お母ちゃんは私より先に仏さまの世界に旅立ちました。お母ちゃんを思わぬ日はありませんが、私は命のある限りこの世に生かされたこの命を大切に大切に過ごしていきたいと思って居るのであります。「人 …

【三月の法話(れんぎょう)】

三月の半ば、お大師様の法要を終えた頃「れんぎょう」はその枝につぼみを膨らませてくれます。お寺でのお大師様の法要が終わると雪も消えやっと春が訪れてくれるのです。それと同時にれんぎょうは枝一杯に鮮やかな黄色い花を咲かせます。 …

« 1 2 3 4 20 »
PAGETOP
Copyright © 中風寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.