日本一ヶ所中風除薬師
慈愛・法話
  • HOME »
  • 慈愛・法話 »
  • 慈愛

慈愛

【生きている有難さ(8-2)】

【平成六年七月号の慈愛より】 そして、次第次第に陽差しがはっきりと見え始めました。おやおやと見ておりますとアッという間にすっかり晴れ渡り、今度は朝の清らかな太陽の光明が皓皓と奥ノ院に照りつけます。このわずかに五,六分の間 …

【生きている有難さ(8-1)】

【平成六年七月号の慈愛より】 今朝の奥之院は濃い朝霧の中です。さほど遠く離れていないのに全く見えません。すっぽりと朝霧に飲み込まれて居ります。もう六時半ですからお日様もだいぶ高く居るはずであります。東の空の方を見ますと、 …

【四月の法話(看脚下)】

【看脚下(かんきゃっか)】と読みます。あまり聞き慣れないですね。この言葉もお釈迦様の言葉なのです。寺院等で履き物を脱ぐとき「看脚下」と書いてある事があります。これは「足下を看(み)よ」と云う意味です。「履き物をきちんとそ …

【三月の法話(一心一向)】

【一心一向(いっしんいっこう)】と読みます。お釈迦様の言葉の一つです。「物事を一方的に見てはいけないよ」「一方的な考えをしてはいけないよ」と云う事です。私たちの周りには色々な考え方があるものです。自分よがりにならず、人の …

【二月の法話(見・聞・触・知)】

「見・聞・触・知(けん・もん・しょく・ち)みな菩提(ぼだい)に近づく」仏教の言葉の一つです。見たり聞いたり触れて、知る事にはすべて学ぶ価値があるんだよ、そしてその事を避けてはいけないよ。と云う事です。仏さまは、見たり聞い …

【一月の法話(有難いことや)】

不思議な事に、何か危ない目に合っても何事もなく事が過ぎてくれる事があるものです。そんな時ついつい口に出してしまうのが「助けてもらった」「有難いことやなぁ」という言葉です。そんな時父や母はよく「仏さまに守ってもらってるんや …

【十二月の法話(もったいない)】

もう亡くなって居られますが妻のお父さんは美味しいお米を作って居られました。そして何時も取れたてのお米を袋に入れて下さいました。何時もの様にお米を袋に入れてもらっている時、お米が袋から一粒二粒こぼれました。お義父さんは「も …

【十一月の法話(くちぐせ)】

人にはそれぞれに知らず知らずの口癖(くちぐせ)がある様です。お釈迦様にもそんな口癖があったのだそうです。お釈迦様は人の話を親身になってよく聞いて下さる仏さまでした。そんなお釈迦様の口癖は会いに来てくれた人に「旅の途中、何 …

【十月の法話(感謝と癇癪「かんしゃく」】

「かんしゃくの (く)の字を取りて 暮らせれば いかにこの世も 楽しかるらん」と云う言葉があります。なるぼど仏さまは上手いことを言われるな、と思います。かんしゃくとは、イライラして自分の心を抑えられない事です。心が苦しく …

【阿閦(あしゅく)如来さま10-10】

【平成二十二年十二月発行の慈愛より】 仏様の教えの根本は「慈悲」と云う考え方なのです。私たちは日々仏様から大きな慈悲を頂いて生きています。だから今を生きている生かされている我々が先ず最初に出来ることは、身近な人縁ある人に …

« 1 2 3 17 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 中風寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.