日本一ヶ所中風除薬師

慈愛・法話

【生きている有難さ(8-2)】

【平成六年七月号の慈愛より】 そして、次第次第に陽差しがはっきりと見え始めました。おやおやと見ておりますとアッという間にすっかり晴れ渡り、今度は朝の清らかな太陽の光明が皓皓と奥ノ院に照りつけます。このわずかに五,六分の間 …

【生きている有難さ(8-1)】

【平成六年七月号の慈愛より】 今朝の奥之院は濃い朝霧の中です。さほど遠く離れていないのに全く見えません。すっぽりと朝霧に飲み込まれて居ります。もう六時半ですからお日様もだいぶ高く居るはずであります。東の空の方を見ますと、 …

【四月の法話(看脚下)】

【看脚下(かんきゃっか)】と読みます。あまり聞き慣れないですね。この言葉もお釈迦様の言葉なのです。寺院等で履き物を脱ぐとき「看脚下」と書いてある事があります。これは「足下を看(み)よ」と云う意味です。「履き物をきちんとそ …

【三月の法話(一心一向)】

【一心一向(いっしんいっこう)】と読みます。お釈迦様の言葉の一つです。「物事を一方的に見てはいけないよ」「一方的な考えをしてはいけないよ」と云う事です。私たちの周りには色々な考え方があるものです。自分よがりにならず、人の …

【二月の法話(見・聞・触・知)】

「見・聞・触・知(けん・もん・しょく・ち)みな菩提(ぼだい)に近づく」仏教の言葉の一つです。見たり聞いたり触れて、知る事にはすべて学ぶ価値があるんだよ、そしてその事を避けてはいけないよ。と云う事です。仏さまは、見たり聞い …





PAGETOP
Copyright © 中風寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.