日本一ヶ所中風除薬師
慈愛・法話
  • HOME »
  • 慈愛・法話 »
  • 慈愛

慈愛

【お母ちゃん(6-3)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 そこまでが私の朝の一番最初の仕事であります。その後息子弘尚と一緒に仏さまにお茶を供えに参ります。そしてお母ちゃんにもお茶を供えるのであります。それから何時もの様にお堂の縁側を開けるのであ …

【お母ちゃん(6-2)】

【平成三十年七月発行の慈愛より】 お母ちゃんは私より先に仏さまの世界に旅立ちました。お母ちゃんを思わぬ日はありませんが、私は命のある限りこの世に生かされたこの命を大切に大切に過ごしていきたいと思って居るのであります。「人 …

【三月の法話(れんぎょう)】

三月の半ば、お大師様の法要を終えた頃「れんぎょう」はその枝につぼみを膨らませてくれます。お寺でのお大師様の法要が終わると雪も消えやっと春が訪れてくれるのです。それと同時にれんぎょうは枝一杯に鮮やかな黄色い花を咲かせます。 …

【お母ちゃん(6-1)】

【平成三十年7月発行の慈愛より】 皆さま、お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか。私も今年で数えの87才となりました。私は今でも妻の事はお母ちゃんと呼んで居ります。早いものであります。そのお母ちゃんの三年の法要をこの六月 …

【合掌礼拝(8-8)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 仏教発祥の地インドでは右手は清浄な手、左手は不浄な手と考えられています。それは悟りの世界と迷いの世界が一体不二のものであることを示しているのです。人間の心の中には良い心と悪い心が一緒に …

【合掌礼拝(8-7)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 《父母恩重経》と云うお経の中には「恩を知る事の大切さ」「恩を施す事の大切さ」が説かれています。つまり《知恩》《施恩》と云う考え方です。私たちが今を生きているのは生かされているのは私たち …

【合掌礼拝(8-6)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 又、パラパラと落ちた竹の葉っぱはおにぎり包む事ですっぱい梅干しの汁を吸ってくれます。もう昔の事ですが、私が小さな頃母がよくおにぎりを作ってくれました。当時は釜戸でお参りさんのご飯を炊い …

【合掌礼拝(8-5)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 又、雪の下で耐えていた食べ物たちも太陽の光を浴びて【旬】の時期をむかえます。旬と云う字は日と云う字を包み込んでいる様にも見えます。両手を一杯広げて日の光を浴びている、そんな意味合いもあ …

【合掌礼拝(8-4)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 朝お堂のローソクの光やお線香の煙を見るとそんな事を思います。二月になると水子寺の高台から見える景色は辺り一面真っ白です。三月になると白い雪が少しだけ溶けて田んぼが見えてきます。四月には …

【合掌礼拝(8-3)】

【平成二十四年七月発行の慈愛より】 お線香は一筋の煙から風に揺らぎます。そして私たちの目には見えなくなってしまいます。でもその後辺りにはその馨しい香りが残ります。このお線香の様に私たちの心の中に『優しさや』『思いやり』そ …

« 1 2 3 4 15 »
PAGETOP
Copyright © 中風寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.